免疫治療のメリット|ガンに悩んでいる人は免疫治療に挑戦してみよう

こんなメリットがあります!免疫治療のあれこれ!

免疫治療のメリット

男女

副作用が無い

ガン治療で怖いと感じるのが、治療をすることで生じる副作用です。放射線治療の副作用は主に痒みや皮膚が赤くなるといった症状が起こります。抗がん剤は、抜け毛や嘔吐、食欲不振などの症状が起こるためガンの治療といっても抵抗を感じてしまう人は少なくありません。しかし、免疫治療はガン細胞のみを攻撃するため副作用が起こらないという特徴があります。正常な細胞に影響を与えることはないため、副作用が怖い・・・という人に最適です。

ガンが進行していても使える

放射線治療や抗がん剤治療は、ガンの進行状況によって治療を行なうことができない場合があります。しかし、免疫治療ならガンが進行していても、転移していても治療を受けることができます。体力がなくなってしまい、抗がん剤治療や放射線治療に耐えることが難しい人にも使うことができると言われています。

根治の可能性もある

早い段階でガンを発見することができれば、免疫治療を使って根治の可能性を高めることができます。実績の少ない治療方法ですが、これから先技術が高まり、免疫治療が普及すれば確率も高くなると言われているため気になる人は医師に相談してみましょう。

諦めずに治療しよう

昔に比べて今では、ガンの治療技術もますます進歩しています。ガン治療の副作用が嫌な人や、初期段階のガンの人、ガンの転移や再発に悩んでいる人も諦めずに治療を受けてみましょう。

ガン治療で気になること

免疫治療を專門にしていクリニックはありますか?

はい、あります。免疫治療を専門的に行なっているクリニックは日本各地にあるため病院でガンと診断された方は一度相談しに行ってみましょう。病院で行なう治療と平行しながら免疫治療が受けられることもあります。

治療の前に相談できるのでしょうか?

クリニックによって異なりますが、無料で治療に関する相談を受け付けているクリニックが日本にも幾つかあります。そのため、親類や友人などがガンになってしまい、新しい治療方法を一緒に探しているという人などでも気軽に相談できるでしょう。

料金は幾らぐらい?

ガンの進行状況や、治療を受ける期間によって治療費が異なるためキッパリと断言することはできません。そのため、クリニックのホームページに記載されている料金を参考にしてみてください。

抗がん剤治療と一緒に受けられますか?

はい、抗がん剤治療と併用して治療を受けることができます。しかし、他のクリニックで既に治療を受けている場合はどういった治療を受けているのか、などを知る必要があるため免疫治療を受けるときは担当医に相談してからにしましょう。

保険は使えますか?

免疫治療は、保険を使って受けることができません。そのため、自費で治療を受ける必要があります。しかし、医療費控除の対象にはなるため領収書はきちんと保管しておきましょう。