免疫治療なら転移までも予防できる可能性が高いです

ガンを治すためには

ガンを治したいと思っている人は、免疫治療を専門的に行なっているクリニックに行って相談してみましょう。無料相談なども受け付けているため、まずは相談から始めることができます。

ガンを治す

診断

免疫療法とは

ガン患者の治療というと、放射線治療、抗がん剤治療、手術によるガン細胞の摘出などが今までは一般的な方法として使われていました。しかし、今ではこういった方法以外にも患者自身の免疫力を上げる治療方法も使われるようになっています。免疫療法とは、もともと人間の体の中にある免疫細胞を採取し体の外で増やすことから始めます。体の外で増やし、活性化させた免疫細胞をもう一度、体の中に戻せば免疫力を高めることができガン細胞に対抗する力をつけることができるという治療方法です。この治療方法は、従来の治療方法と併用して使うことができ、なおかつ副作用などのデメリットがないため、副作用に抵抗を感じている多くのガン患者から注目を集めているのです。

術前・術後におすすめ

免疫治療は、ガン手術をする前と後に行なうと効果に期待することができると言われています。その理由は、まず一つめはガン細胞の摘出手術を受けると免疫力が落ちてしまうということです。手術を受けるためには体力が必要になりますが、ガンを発症してしまった患者の多くは徐々に体力低下がみられるため、手術に耐えることができなかったり、手術が成功しても体力低下が激しく回復に時間がかかってしまう可能性が高くなってしまうからです。しかし、手術前に免疫治療を受けておけば免疫力を上げることができ、体力低下を防ぐことができます。二つめの理由は、再発や転移を防ぐことができるという理由です。ガンの摘出手術を受けても、抗がん剤を投与し様子を見るというケースがあります。摘出手術を受けた後に、抗がん剤を使うのは目に見えないガン細胞が別の場所に定着しガンの転移や再発に繋がる危険性があるからです。しかし、抗がん剤治療を受けると手術で落ちた体力が回復しないまま更に体力を使うことになってしまうため、体への負担が大きくなてしまうと言われています。そのため、手術を受けた後にも免疫治療を受け体力回復をサポートすることが大切と考えられているのです。

転移・再発を防ぐためにも

抗がん剤治療などでも、ガンの転移・再発を防ぐことはできますが副作用が強く出てしまう可能性が高い患者もいるため体に負担を与えてしまいます。しかし、免疫治療を併用して使えば抗がん剤の副作用をおさえつつ転移・再発予防にも効果があるため推奨されています。

治療を受けよう

男女

免疫治療のメリット

免疫治療には、幾つかのメリットがあります。メリットが分かれば、抵抗を感じずに新しい治療に挑戦することができるため気になる人はコチラのページを参考にしてみましょう。

READ MORE

日本人に多い部位別ガン

no.1

肺ガン

一位に選ばれたのは、肺ガンです。昔は男性に多いガン症状の一つだったのですが、喫煙をする女性が増えたため男女共に高い部位となっています。肺ガンは喫煙者の発症率も高いと言われていますが、副流煙を吸う機会が多い人も発症しやすいと言われているため注意が必要です。

no.2

胃ガン

二位に選ばれた胃ガンは、食生活も発症する原因の一つと言われています。塩分の高い食事を好む人やピロリ菌に感染してしまった人などが発症しやすく、ガンになりやすいため塩分過多な食事をしている人は食生活を見直し改善するようにしましょう。最近は、減ってきていると言われていますが、まだまだ多い病気の一つです。

no.3

大腸ガン

三位に選ばれたのは、大腸がんでこの病気は男性よりも女性に多いと言われています。ファーストフードの種類が増え、食生活が欧米化している人達が増えているため大腸ガンになってしまう人が多いと言われています。また、40代を過ぎた男女は、過度な飲酒も原因の一つになっています。

no.4

乳ガン

四位に選ばれた乳ガンは、女性が発症する病気の一種です。30代から40代の女性が発症しやすいと言われているため、この年代の女性は十分に注意しましょう。近年の乳ガン治療は手術で乳房を摘出しても再建手術で戻せる可能性が高くなっており、マンモグラフィー検査などで早期発見もできるため定期的に検査を受けるようにしましょう。

no.5

前立線ガン

五位に選ばれた前立線ガンは、男性が発症する病気の一種で近年増加傾向にあると言われています。前立線ガンは骨やリンパ節に転移することもあると言われているため、早期発見早期治療が最大の鍵となります。早めに発見することができれば、放射線治療や手術で治すことができるため、違和感を感じたときは直ぐ医師に相談してみましょう。